園日記

柿作り。

朝から柿を収穫に行った年中さん。

柿を食べた後は、折角なので柿をテーマにした製作を行ってみましたよ。

 

収穫し、食べた後すぐに製作を行うとは、なんと贅沢な活動なのでしょう!!

机に柿をディスプレイして眺めながらの製作だと、子どもたちの意欲も一層高まりますよね。

恵まれた教育環境を活かした、有意義な活動になりました。

柿。

畑が大好きな年中さん。

昨日大根とほうれん草の様子を見に行った時に皆が気にしていた柿を、今日は収穫しに行きました。

柿を食べた経験が無い子も多いようで、初めての柿に皆ドキドキ。

今年の柿は結構甘かったようで、喜んで食べている子が多かったようですよ。

大根とほうれん草の様子。

年中さんは、先日植えた大根とほうれん草の様子を見に畑へ。

大根とほうれん草の草むしりをし、その後は相模田名高校の周りに散歩に行きました。

道中、皆に大根をどう調理して食べたいか聞いてみると、「味噌汁!!」とか「煮物食べたい!!」との返答がありました。

今年も鶏肉と大根の煮物を作ろうかな?

 

登山道の封鎖により城山登山は行けなくなってしまいましたが、木曜日は愛川公園に遊びに行きたいと思います。

降園時間は全学年通常通りの14時となりますので、ご注意下さい。

ドロケイ。

  

まつ組さんときく組さんは一緒に外遊び。

まつ組さんがきく組さんにドロケイの遊び方を教えてあげたようです。

集団遊びの指導というとルールを教える事に終始しがちですが、大事なのはその先。

チームの中で役割分担し、協力しながらゲームを進める事で、初めて集団遊びとして成り立つのです。

普段から集団としての意識が強い今年の年長さん。

足の速さに自信のある子が積極的に『おとり役』を買って出ることで、他の子を逃げやすくする様子が見られましたよ。

 

午後は、ばら組さんも加わって皆でドロケイをしていたようです。

これからはドロケイブームが起きそうですね。

サンマ祭。

年中ばら組、10月の壁面製作は秋刀魚。

秋の味覚の代表格サンマを、トイレットペーパーの芯とアルミホイルを使って作ってみました。

  

サンマが出来上がったら、焼いて食べてみたくなるもの。

 

お手製七輪に炭と火種を入れ、サンマを乗せ、うちわで扇いで焼いてみました。

ばら組サンマ祭、非常に盛り上がりましたよ。

 

皆が「本当のサンマ食べたい!!」と言うので、実際に企画しても面白いとは思うのですが、

家で焼き魚を食べ慣れていない子も多いようですね。

となると、難しいかな。