園日記

頼りになるお兄さんお姉さん。

年長さんと年中さんは朝から畑へ。

ピーマンとキュウリの苗を植えに行きました。

春休みのうちにトウモロコシの種なども植えていたので、畑が賑やかになってきました。

そろそろ種を植えていた野菜の芽も出てくるかな?

今後も度々畑の様子を見に行きたいと思います。

今日は、年長さんと年少さんが同時に園庭で遊ぶ時間がありました。

まつ組さんが園庭でパプリカを踊っていると、園庭の反対側にいたはずの年少さんが次から次へと寄ってきて。

みんな一緒に楽しそうに踊っていましたよ。

まつ組さんが園庭のトラックを走っていると、それを眺めていた年少さんも思わず走り出しました。

年長のお兄さんお姉さんに「頑張って~」と応援してもらうのがとても嬉しかったようで、素敵な笑顔で走っていましたよ。

年長さんが園庭で行っていたパプリカとピーマンの水やりにも、年少さんが飛び入り参加。

「ここにも水をあげてね」と優しく教えてあげる年長さんの姿に頼もしさを感じました。

降園時、年少さんをバスまで連れて行ってくれるのも年長のお兄さんお姉さん。

年少さんは既にお兄さんお姉さんに懐いているので、彼らが出入り口まで迎えに来るのを毎日首を長くして待っているんですよ。

 

入園したばかりの年少さんにとって、いつも優しく接してくれるお兄さんお姉さんは、彼らが園生活を楽しく過ごす為に必要な存在です。

同様に年長児にとっても、小さくて可愛い年少さんの存在が、自分たちが一番年上なのだと気付くために一役買っています。

お互い支え合いながらこれからの園生活を過ごしていけると、双方にいい影響を与えそうですね。

4月14日(水)

今日も雨。

園庭で遊べないので、少しずつ子どもたちのストレスも溜まってきたようです。

ばら組さんはお絵描きをする子が多かったです。

新入園児の子もすっかりクラスになじみ、一緒に楽しく遊んでいましたよ。

まつ組さんは、部屋の壁に模造紙を貼り、そこでピタゴラスイッチを作り始めました。

クラスで意見を出し合いながら一つの物を作っていく過程で、自分の意見を発信する事や他者の意見を尊重する事など、

『集団』として力を発揮する為に必要な事を学んでいって欲しいですね。

年少さんは、初めての粘土遊び。

まずは粘土をこね、伸ばし、粘土に親しむことを目的としていたのですが、集中して行っているうちに色んな形を作り始めまして。

『人』『わたし』『消防車』という素敵な作品も出来上がりました。

粘土遊びの後は、リズム遊びを行いました。

粘土遊びで長い時間集中した後で、体を動かしたくなっているタイミングだったからか、とても盛り上がりましたよ。

 

明日は晴れ予報。

思いっきり園庭で遊ぼうね。

4月13日(火)

朝、雨が降っていた火曜日。

園庭では遊べなかったので、今朝はお部屋で遊びました。

年少さんの部屋では、おままごとが大盛り上がり。

「もしもし~。聞こえますか~?」って楽しそうに声を掛け合って遊んでいましたよ。

こちらは、トイレットペーパーの芯やサランラップで何か作っていました。

この遊びがこれから発展していくのが楽しみですね。

年中ばら組さんは園内探検をしたようです。

園内のあちこちに隠れている沢山の果物、見つけられたかな?

野菜を育てよう!!

4月12日月曜日。

いよいよ今週から本格的に令和三年度の幼稚園生活が始まります。

子どもたちの様子に寄り添いながら、楽しみながら学ぶ上田名幼稚園らしい保育を今年度も行っていきたいと思います。

今日は、どの学年も野菜の苗や種を植えていました。

年少さんは園庭のプランターに赤と黄色のミニトマトの苗を、年中さんは畑に行ってズッキーニとインゲンを、年長さんは園庭でパプリカを植えました。

これらの作物をどのように調理するかの会議は水面下で進んでおりますが、まだ秘密にしておきます。

まずは作物を育てることの楽しさや大変さを感じながら、毎日お世話をして欲しいと思います。

パプリカを植えた後は園庭でパプリカダンス。

年長さんが楽しそうに踊っていたら、園庭で遊んでいた年少さんもそれに吸い寄せられるように近づいてきて。

気がつけば、年長さんの輪の真ん中で踊りに参加していましたよ。

 

今日の年少さん。

初日に登園を嫌がっていた子や今朝泣いていた子も、園で落ち着きを取り戻し、みんなで遊んでいると素敵な笑顔を見せてくれています。

幼稚園生活の楽しさを早くも感じ始めてくれているようで、一安心しました。

 

「園ホームページの写真掲載について」を未提出の方、早めの提出をお願いします。

4月9日金曜日。

4月9日金曜日。

昨日の入園のつどいはお父さんお母さんと共に登園したので、新入園児にとって一人で園で過ごすのは今日が初めての経験。

初めてバスで登園した年少さんは不安げな面持ちでしたが、お兄ちゃんがしっかりとエスコートして部屋まで連れて行ってくれましたよ。

 

年長さん年中さんと一緒に園庭で遊ぶとさすがに危険なので、年少さんが園庭に出る前にお兄さんお姉さんには部屋に入ってもらいました。

年長さん年中さんの片付けが終わるまで、しばし待機。

「早くドアを開けてよ~。早く遊びたいよ~。」っておねだりする様子がとても可愛くて、思わず撮影しちゃいました。

園庭に出てからは、思い思いの場所で存分に遊びました。

「幼稚園は楽しいところ」と感じてくれたからか、園生活初日からとても素敵な笑顔を見せてくれましたよ。

 

これからもこんな笑顔の写真を沢山紹介していきたいと思います。

 

園だより4月号に挟まれている『園ホームページの写真掲載について』をまだ未提出の方、掲載許可をお願いします。