園日記

初めての園外保育。

   

たんぽぽ組さんは初めての園外保育として相模原公園に遊びに行ってきました。

綺麗に咲いたアジサイを観察したり、遊具で遊んだり、広場を全力で駆け回ったりして、存分に公園を満喫してきました。

外にシートを敷いてお弁当を食べるのも初めての経験でしたが、皆上手に食べられていましたよ。

幼稚園生活の三年間では、あちこちに園外保育に出かける機会があります。

園外ならではの楽しさをこれから沢山味わって欲しいですね。

お店はホールへ。

  

今まで各部屋で行っていたお店屋さんごっこは、今日からホールに移動して進める事に。

広い部屋で実際にお店を開店してみると、新たな改善点も各々見えてきたようで。

これから更に盛り上がってきそうですよ。

皆でジャガイモ食べよう。

先週木曜日に年長さんが掘ったジャガイモ。

今日は朝からセイロで蒸かし、全園児で食べました。

 

蒸かしたてのジャガイモは栗のような甘い香りがして、非常に美味。

皆大喜びでしたよ。

畑のキュウリが食べ頃だ。

畑のキュウリがこの土日で大きくなり、そろそろ食べ頃。

という事で、年中さんは朝から畑にキュウリの収穫に行きました。

「採れたてのキュウリはチクチクする」という事も知らない子には驚きだったようで。

採れたての野菜に触れる事自体が、最近では身近なものでは無くなってきているのでしょうね。

上田名幼稚園では自然に触れる機会を数多くとっていますから、そこから色々と学んでいって欲しいですね。

畑から帰ってきたら、早速調理。

採れたてのキュウリを包丁で切ったら水分がジワーと染み出てきたので、みな大喜び。

折角なので、そのままかじってみました。

キュウリ本来の味を堪能したら、次は味噌を付けて。

みずみずしいキュウリの味はどうだったかな?

 

今年は、まだ数回収穫出来そうです。

次はどうやって食べましょうかね?

ジャーマンポテト。

今日は年長さんが昨日収穫したジャガイモのクッキングとして、ジャーマンポテト作りを行いました。

まずは包丁でベーコンを切りました。

来月のお泊まり会では自分たちで玉ねぎ、ジャガイモ、人参を切ってカレーを作るので、その練習も兼ねて。

今年の年長さんは家で料理のお手伝いをしている子も多く、包丁の使い方が上手でしたよ。

  

ホットプレートでベーコンを炒め、そこに昨日畑で収穫した玉ねぎとジャガイモを投入。

ベーコンが炒まる音を聞き、美味しそうな香りを嗅いでいたら、どうにもお腹がすいてきた様子。

 

出来上がったホットプレート二つ分のジャーマンポテト、あっという間にみんなで食べきってしまいました。

「玉ねぎが甘くて美味しい!!」と皆が話していましたが、確かに今年の玉ねぎは甘く、ベーコンの塩気と相まって非常に美味しいジャーマンポテトになっていました。

さすがうえだなっ子。旬のものを日々口にしているからか、味覚も研ぎ澄まされてきましたね。