園日記

12月16日(木) 紙粘土。

ここ数日、あちこちのクラスで紙粘土の活動が行われています。

四角い紙粘土から何を作るのかは各々の自由なので創造力が必要となる活動ですが、毎年うえだなっ子は独創的で細かい描写の素晴らしい作品を作ってくれています。

年中ばら組さんの作品には、ペンギン、ワニ、トリケラトプスなどの様々な動物や、城山なんて作品もありました。

11月の城山登山が、今でも楽しい思い出として心に残っているのでしょうね。

クリスマス会直後だからか、年長まつ組さんの作品の中にはサンタさんがいましたよ。

 

これらの作品は、色付けをして2月のフェスタに展示したいと思います。お楽しみに。

12月14日(火) サンタが園にやってきた。

あわてん坊のお客様、サンタさんが今年も園に遊びに来ました。

初めてのサンタさんに年少さんは目を丸くしていましたが、次第に打ち解けハイタッチ。

プレゼントももらえて、とても嬉しそうでしたよ。

12月13日(月) 新園舎

新園舎の内部を見せてもらいました。

部屋の中がそれらしくなってくると、期待感も一層高まりますね。

12月13日(月) 二学期も終盤。

表現遊びを楽しむ会と個人面談が終わると、二学期も残り二週。

明日あわてんぼうのゲストが園に遊びに来るのと、木曜日に年少さんが里芋の収穫をする以外は特にイベントも無く。

今週と来週は、この二学期でさらに深まった仲間意識を再確認しながら、ゆったりと過ごす二週間となりそうです。

 

みんなで遊びを共有する楽しさを感じている様子のたんぽぽ組さんは、園庭のイチョウの木の下に集まっていました。

落ちたイチョウの葉を集め、布団のように寝転んで遊んでいましたよ。

とても楽しそうでした。

すみれ組さんは、先日取った落ち葉で何かを作っていたようです。

カバの口かな?どんな作品が出来上がるか楽しみです。

まつ組さんとばら組さんは、一緒に第二グラウンドへ。

運動会の曲で踊ったり、ドロケイやリレーをして遊びました。

二学期は集団遊びの機会をあまり多く取れなかったので、三学期は度々第二グラウンドに遊びに行って、思い切り体を動かしたいと思います。

 

急に『ぴかぴかすまいる』を歌い始めたり、ピアノに立てかけられている楽譜が『おおきくなったよ』だったり。

12月も中旬になると、二学期の総括というよりは三学期を見据えた動きが年長さんの周りでは見られてきて。

三月、年長さんが巣立っていく日がそう遠くない未来なんだと感じさせられるきっかけにもなっています。

これを機に、私も三月に向けての作業に取り掛かります。

今学期、園日記の更新は少なめになってしまうかもしれませんが、ご了承下さい。

12月10日(金) ホウレン草のバター炒め。

年中ばら組さんは、昨日畑で収穫したホウレン草を、ホットプレートでバター炒めにして食べました。

ホットプレートで実際に調理する様子を見られるのも、彼らの期待感を高めるのに一役買ったようで。

 

全員が美味しそうに、モリモリホウレン草を食べてくれました。

ばら組さん恒例、おかわりを待つ大行列が今回も見られましたよ。

 

度々観てきたポパイのアニメが印象に残っているのか、ホウレン草を食べ終えてからは「ん?筋肉ついてきた気がする。」「走るの速くなったと思うから、早く走りたいなぁ。」との声が。

折角なので、園庭でかけっこをしてみました。

「ホウレン草パワーでいつもより速く走れたよ」という感想があちこちから聞かれましたよ。

ホウレン草を食べられたことがきっかけとなって、これから当分の間は色々な試練も乗り越えてくれそうですね。

 

昨日でクリスマス飾りを作り終えたたんぽぽ組さんは、第二グラウンドへお散歩に行きました。

鬼ごっこやリレーをして遊びました。

今年は園舎改築の影響で園庭が狭くなっているので、集団遊びをするには第二グラウンドが最適。

これから寒くなっていきますが、暖かい日には遊びに来て、思いっきり体を動かしたいですね。

帰り道、ちょっと寄り道をして落ち葉拾い。

沢山落ち葉を拾ってきました。

これで何を作るのかな?