園日記

12月22日(水) 第二グラウンドと公園散歩。

二学期最終週、ゆったりまったりウィーク三日目もいい天気。

年中さんと年長さんは第二グラウンドでドロケイを、年少さんはそこからさらに足を延ばして公園に行ってきました。

最近頻繁に行っている他学年との交流はお互いにとてもいい影響を及ぼしているようで、ドロケイもドッジボールも質が高まってきましたよ。

年少さんはそこからさらに10分ほど歩いて公園へ。

滑り台やブランコなどをして遊んできました。

 

明日は、年末の恒例行事である大掃除。

園で大掃除を経験するとお家でもお手伝いしてくれるようになると毎年好評なので、今年も雑巾がけレースをして楽しみながら掃除したいと思います。

12月21日(火) ライオンのたてがみ。

年少たんぽぽ組さんは、先日採ってきた葉っぱでライオンの顔を作りました。

グループごとに配った箱から自分の使う分の落ち葉を取って。

全員に同じ数の落ち葉を配るのではなく、種類や枚数に自由度を持たせることによって作品に個性を生み出すのがこの活動の面白さ。

年少さんと言えども「この落ち葉はあげるよ。代わりにこれちょうだい。」などと、話し合いらしきものを行いながら進めていく様子が見られました。

色とりどりの落ち葉を使って、たてがみを作っていくたんぽぽ組さん。

入園してから今まで沢山作品を作ってきたからか、集中力が身についてきたようで。

作っている間は部屋がシーンと静かなのが印象的でした。

長時間集中した後は、園庭でまったりとひなたぼっこをしましたよ。

オンとオフの切り替えを巧みに用いるのが上田名幼稚園の園生活。

集中する時にはしっかり集中し、楽しむ時には思いっきり楽しむ日々を過ごす事で、気持ちの切り替えが上手に出来るようになっていってほしいですね。

12月20日(月) 集団遊びの楽しさを知ろう。

二学期も残り一週となりました。

今週は大掃除などの年末らしい活動も予定しておりますが、基本は先週に引き続いてのゆったりまったりウィークを過ごしていきたいと思います。

そろそろ年少さんにも鬼ごっこやかくれんぼなどの集団遊びの楽しさを感じてほしいので、今日は全園児で第二グラウンドへ遊びに行きました。

まずは体操から。

初めて踊る満三歳の男の子には、お姉ちゃんが手取り足取り指導していましたよ。

その後は鬼ごっこ。

年少さんが鬼となって、年中さんと年長さんを追いかける事によって、ちょうどいい感じの鬼ごっこになりました。

『捕まえる楽しさ』を感じることが、集団遊びの楽しさを知る第一歩。

年中さんと年長さんが程よく忖度してくれたおかげで、年少さんにとってとても楽しい鬼ごっことなったようです。

これなら今度は自分たちのクラスでも遊べるかな?

明日も鬼ごっこやかくれんぼで遊びたいと思います。

12月17日(金) 里芋を食べよう。

たんぽぽ組さんとすみれ組さんが昨日収穫した里芋を、今日はせいろで蒸して食べました。

 

かまどに火をつける前から、その様子を部屋からじっと眺めていたたんぽぽ組さん。

せいろの蓋を開けるたびに歓声が聞こえ、期待感の高さを感じました。

一時間ほどで蒸しあがった里芋に塩を振って、いただきます!!

ホクホクの里芋に大喜び。みんなおかわりしていましたよ。

とれたての里芋の味には、舌の肥えた年長さんと年中さんも驚きの表情。

みんな大満足の里芋クッキングでした。

 

二学期の調理はこれにて終了。

次回は一月におにぎりday(白菜スープ)を予定しています。

12月16日(木) 里芋を掘ろう!!

年少さんは、畑で里芋を収穫してきました。

今年はあまり出来がよくなかったのでこの時期まで待っていましたが、もう我慢の限界。

ほとんどの里芋を収穫してきました。

園に戻ってからは、里芋洗い。

これも11月に続いて二度目の経験なので、みんな上手に洗ってくれましたよ。

 

明日、蒸かして塩を振って食べたいと思います。

年長さんと年中さんの分もあるかな?