園日記

9月15日(木) 玉入れで遊ぼう

曇っているからか、一日過ごしやすかった木曜日。

外で遊ぶには最適の天気なので、今日はどの学年も園庭で遊んでいました。

年中さんが運動会で親子種目として行う玉入れ。

玉入れを盛り上げるには対戦相手が必要ということで、今日は年長まつ組さんと玉入れ勝負を行いました。

結果はまつ組さんの圧勝。

年長さんとしての威厳を保てて満足げなまつ組さんと、とても悔しそうなばら組さん。

この二クラスのライバル関係は、今後も続いていきそうですね。

9月14日(水) ピンクチームの憂鬱

常勝軍団赤チームはいつも陽気にリレーを楽しみ、緑チームは先週自信を取り戻した

となると、取り残されたピンクチームにとってはリレーの時間がどうにも憂鬱なもので、後ろ向きな発言や責任の擦り付け合いが多い状態でした。

今日は、遊びで年中ばら組さんと行ったリレー対決で、半周もの差をつけられて負けてしまい・・・。

想定外の勝利に大喜びのばら組さんとまさかの敗戦に静まり返るピンクチーム。

プライドも傷つくような敗戦でしたが、これで、燻っていた彼らの導火線に火がつきました。

 

すぐに円くなって座り、口々に改善点を話し合う反省会を。

「オレ、ふざけて走ってた。もっと速く走れる。」

「私も頑張るよ。」と声を掛け合う姿に、このチームの可能性を感じました。

 

昼食後恒例のリレー対決では、まさかまさかのピンクチームが優勝。

1位ピンクチーム、2位赤チーム、3位緑チームとなりました。

午前中は俯いていたピンクチームの奇跡の勝利。

チームで力を合わせて掴んだ勝利の味は格別だったのでしょう。みんなで飛び跳ねて喜びを表現していましたよ。

ピンクチームの面々が盛り上がるのは勿論のこと、午前中の対戦で友情の芽生えたばら組さんも大喜びでした。

 

これからのピンクチームの飛躍に期待したいと思います。

9月14日(水) 園長のお仕事。

上田名幼稚園の運動会当日、万国旗のように会場にはためいているのはクラスカラーの手型・足型です。

 

成長の証である手型・足型が飾られた園庭で子どもたちが全力で走り、踊り、躍動し、それを見守る保護者の皆様は、彼らの仕草一つ一つにこの一年の確かな成長を感じる。

そんな、会場全体でみんなの成長を分かち合える温かい運動会にしたいからと、開園以来45年間行ってきたこの試み。

全園児の手型・足型を紐に糊付けするのは、今年も園長のお仕事です。

「一人ひとりの今年の成長を感じながら、一つ一つ丁寧に糊付けしたいんだ」というので、毎年この作業だけは誰も手伝わせてもらえません。

9月13日(火) 風を切って颯爽と。

いい天気の火曜日。

あまり練習しないことで有名な我々も、これだけ天気がいいとさすがに運動会モードに突入してきました。

今日は年少さんがかけっこをしていましたよ。

気持ちだけが焦って隣の子を手で押さえていたり、「風を切って颯爽と」というよりは風に押し戻されているような子もいましたが、ご愛嬌。

皆楽しそうに走りきりましたよ。

 

今年の運動会では、旧園舎側をスタートにして裏門の方へ走ろうと思います。

ゴールの後方にも観客席を作れば、走ってくるお子様の動画を正面から撮影できますね。

 

祖父母もOK、未就園児競技あり、親子競技あり、午前中のみ(昼食無し。競技時間によっては12時過ぎるかも)でプランを練っておりますが、詳しいことは決まり次第お伝えしますので、もうしばらくお待ち下さい。

9月13日(火) 芽は何色?

年中ばら組さんは、先週植えた大根とほうれん草の様子を見に、朝の涼しいうちに畑へ行きました。

その道中では何色の芽が出るのかクイズを。

「赤い種を植えて大根は白だから、芽は真ん中のピンク。」なんてお洒落な答えも出ていましたが、正解はどちらも緑色でした。

これから収穫の時まで大事に育てていきたいと思います。